給排気系パーツの選び方と取り付け方

給排気系パーツは性能を向上させるためのパーツとして交換しますが、車種の特性にあった能力で選ぶことが大切です。エンジンは空燃比によって電子制御されていますが、理想値ですから実走行では空気の量が不足してしまいます。気温や気圧によって空量が不足しますので、吸気系パーツとしてエアクリーナーを交換します。空気を綺麗にする役割と吸気抵抗を減らし空気を多く取り入れる必要がありますので車種ごとに最適な性能で選ぶことが大切です。エアクリーナーは簡単に交換や取り付けが可能ですので、自分でも作業できるパーツと言えます。


排気系パーツにはマフラーがありますが、排気ガスを効率よく排出するにはメインパイプの径や取り回しの形状がポイントになります。排気量により必要なメインパイプの径が決まりますので、車種に合わせて選ぶことがポイントです。工具さえあれば自分で交換することも可能ですが、確実に取り付けないと排気漏れが起こります。エアクリーナーもマフラーも同じですが、正しい方法で確実に取り付けなければ性能を落としてしまうことになりますので、カーショップなどの専門的な知識を持つところで作業を行うのが基本です。自分で作業をするのは楽しいかもしれませんが、プロにはプロの技術があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。